ダイエット アプリ ランキング

ダイエット系のアプリも沢山ありますから、選ぶのが大変ならランキングを参考にしていきましょう。

ランキング上位であれば、利用している人が多いということになりますし、満足度も高いと考えられます。

ただ、ダイエットアプリにも特化している特徴の違いがありますので、最低限自分に必要なのはどういう機能かは考えておいた方がいいですよ。

ダイエット系アプリは何を選ぶべきか

一番重要なのは、『自分に必要な機能があるかどうか』という所ですよね。

普通にゲームのアプリを選ぶ時だって、自分がやりたいゲームでないとダウンロードした意味が無いですからね。

ダイエット系アプリもそうです。

欲しい機能が決まっていないなら、何を試してみてもいいとは思いますが、既にダイエットを始めている人であれば、自分に必要な機能は決まっているはずです。

その欲しい機能を持っているアプリを利用していくのが大切です。

じゃないと、ダイエットを成功させていくのに遠回りになってしまったりしますからね。

ダイエットをこれから始める人は

ダイエットをこれから始めていくという人や、ダイエット初心者は、

●無料
●操作が簡単なもの

を意識して決めていくといいと思いますよ。

自分のダイエットを進めていくのに、何が必要かも分かっていない状態ですから、最低限この2点を意識して決めていくのがいいでしょうね。

アプリを利用している内に、自分に必要な機能が分かってくると思います。

まずは、体重記録系のアプリを利用してみるのがいいかもしれないですね。

ダイエット系アプリの基本のようなものですし、無料でシンプルなものも多いです。

例えば『シンプル・ダイエット』という体重管理が出来るアプリは、電卓のような入力画面に体重を入力していけば、アプリ内でグラフ化してくれます。

スタート時から体重がどれだけ落ちてきたかを目視出来るので、ダイエットのモチベーションを維持していきやすくなりますね。

ランキングを利用したアプリの選び方

自分に必要な機能が分かってきたら、ダイエット系アプリのランキングを参考にしてどれを利用するか決めていくのもいいですね。

ダイエット系のアプリにはいくつか種類があって、おおまかに分けると

■体重管理が出来るもの
■食事の管理が出来るもの
■運動の管理が出来るもの

の3つに分けることが出来るはずです。

ダイエットの基本は食事管理と運動ですから、納得の分類かもしれないですね。

また、食事管理が出来るものの中には『カロリーの記録が出来るもの』や『ダイエットレシピを紹介しているもの』もあります。

運動管理が出来るものの中にも『運動量を記録できるもの』や『筋トレやエクササイズのやり方を紹介しているもの』もあります。

どのアプリを利用していくかは、自分に欲しい機能を持っているものを利用していくのが一番ですよ。

ランキングから選ぶ時の注意点

自分の欲しい機能を持つアプリをランキングの中から選ぶのであれば、当たり前ですが自分のスマホで利用出来るかどうかが重要です。

iPhoneとAndroidとで、使えるアプリと使えないアプリもありますからね。

両者に対応しているアプリもありますが、個人で開発したアプリだとそうでないこともありますので、最重要なのは

◎自分の持っている機種に対応しているアプリを選ぶ

ということですね。

あとは、バージョンによって対応していないこともあります。

私のスマホも古い型で、容量いっぱいで、バージョンアップ出来ていなかった時は「対応してません」がよくありましたからね。

気にしていった方がいいですよ。

口コミも参考にしてみましょう

無料アプリであれば、気に入らなければすぐアンインストール出来るので、それほど気にしなくていいとは思いますが、あまり使いにくいアプリをダウンロードしないように気をつけましょう。

口コミを見てみると『良い意見』以外にも『使いにくい点』の書き込みもあったりしますので、参考にしてみましょう。

面倒な入力や操作だと、アプリを使い続けていくことが出来なくて、その結果ダイエットが中座してしまうかもしれません。

そういった可能性を失くすためにも、アプリの口コミも参考にしたり、スクショ画面も参考にしていくといいですね。

アプリは使いやすさが大切

いくらランキング上位でも、使いにくかったら自分のダイエットのプラスにはなりません。

ダイエットを効率よく進めていくために、ダイエット系アプリを利用するのですから、効果が期待出来るアプリをダウンロードしていきましょう。

機能が沢山あれば、何にでも対応出来るかもしれませんが、その分使いにくい可能性もあります。

まずは、無料でシンプルな操作で使っていけるもの。

継続していきやすいものを選別して、利用していくといいかもしれないですね。

ダイエットを継続していくことにも繋がると思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする